データ復旧・修復・復元・診断・消去

消費税増税強硬推進派、2025年までに30%を目指す。投稿記事数は肆阡以上!

hdd@468x15

消えたエクイン(エクスペリエンス インデックス)を追う(winsat.exe formal) Windows7→Windows10アップグレード

2017/09/18


>>高還元のクレジットカード比較 期間限定のキャッシュバックなど!<<

Windows7にあったハード性能評価ツール(ベンチマーク)である「エクスペリエンス インデックス」。

エクイン

関連:CF-R8のHDDをSSDに換装するも、Core2 Solo(シングルコア)で悲惨杉流状況に!

ナウいヤング的な呼称では「エクイン」であるが、Windows8.1から消えたようだね。

Windows7からWindows10にアップグレードした諸氏にとっては驚愕の事実である。

必要なモノに限って消すというのがイクァにもM$らしいが、実は残っている。

コマンドプロンプト>winsat.exe formal(要管理者権限)

すると黒画面に白文字でゴティアゴティア動き出すので、しばらく待つ(計測中)。

ソノ結果は

C:\Windows\Performance\WinSAT\DataStore

内の

●●Formal.Assessment (Recent).WinSAT.xml

●●は日時的な何か、例を挙げると

2016-07-24 17.59.04.902 Formal.Assessment (Recent).WinSAT.xml

テナ感じで出力される。

このXMLファイルをブラウザで開くと、22行目付近から始まる-間に値が表示される。


5.7
8.1
8.1
8.1
8
5.7
9.9
9.9
9.9
TRUE
TRUE
8.1

GraphicsScoreが5.7で最も低いのは、ビデオがIntel HD Graphics 3000(CPU内蔵GPU)であるため。
この値が全体の最小値(SystemScore)になっている。

<ハード構成>

・OS:Windows10 Pro(Windows7からアップグレード)
・CPU:Core i7-2600K
・マザーボード:Z77 Extreme4(ASRock)
・メモリ:16GB(PC3-10700,4GB×4枚)
・SSD:TS256GSSD370
・ビデオ:Intel HD Graphics 3000(CPU内蔵)

Windows7時代に実行したエクインの結果も、同じフォルダーに残っているようだ。

スポンサーリンク

グァ、エクインのMAXは9.9なので、今後ハード性能がドンドン上がっていくと、ソノウティ全部9.9になって判断不可能になるw

そのあたりの管理が面倒なんでエクインをヤメタんだろうね、M$は。

(無料電話サポート付) できる Windows 10 (できるシリーズ)
法林 岳之 一ヶ谷 兼乃 清水 理史 できるシリーズ編集部
インプレス
売り上げランキング: 2,737
Windows 10 パーフェクトマニュアル
ソーテック社 (2015-07-29)
売り上げランキング: 4,885
スポンサーリンク

hdd@468x15


kanren

-コンピュータ
-, , , , ,