データ復旧・修復・復元・診断・消去

消費税増税強硬推進派、2025年までに30%を目指す。投稿記事数は肆阡以上!

hdd@468x15

引火性物質 - 化学実験の安全

2015/05/21


>>高還元のクレジットカード比較 期間限定のキャッシュバックなど!<<

引火性物質

スポンサーリンク

・空気に触れただけでは発火しないが、発火に必要なエネルギーを加えると容易に発火する。
 引火点が室温以下のものとして可燃性物質と区別している。
・引火性液体の加熱には裸火を用いてはならない。
・スイッチの接点やモーターのスパーク等も火種となるので注意すること。
・中身の少なくなった容器は、引火、爆発の可能性が高い。

スポンサーリンク

hdd@468x15


kanren

-化学実験の安全
-,