データ復旧・修復・復元・診断・消去

消費税増税強硬推進派、2025年までに30%を目指す。投稿記事数は肆阡以上!

hdd@468x15

[111] ステップダウンリング62mm→58mm(マルミ光機) と DHG ND-100000 58mm(マルミ光機) - 2012年5月21日の金環日食の撮影に向けた準備

2015/05/21


>>高還元のクレジットカード比較 期間限定のキャッシュバックなど!<<

スポンサーリンク

ステップダウンリング62mm→58mm(マルミ光機) と DHG ND-100000 58mm(マルミ光機) - 2012年5月21日の金環日食の撮影に向けた準備

ステップダウンリング62mm→58mm と DHG ND-100000 58mm

2012年5月21日に金環日食があるということで、デジタル一眼で太陽の撮影に臨むことにするが、
言うまでもなく太陽は明るすぎるため、そのまま撮ると「真っ白」になる。

ということで、太陽撮影用の減光フィルターを購入した。

太陽撮影用フィルター DHG ND-100000 58mm
太陽撮影用フィルター DHG ND-100000 58mm

調べると、ケンコー・トキナーとマルミ光機のものを見付けた。

<2012.05.05 時点での最安値>

ケンコー・トキナー 58S PRO ND100000 6,500円前後

マルミ光機 DHG ND-100000 58mm 5,700円前後

ケンコー・トキナー 77S PRO ND100000 10,000円前後

マルミ光機 DHG ND-100000 77mm 8,800円前後

ケンコー・トキナーは高いので、マルミの方にする。

# 質の差はそれほどなかろう。

# シュミット等、上記二社以外の太陽撮影用フィルターもあるようだが。

フィルターは径(サイズ)があるので、減光フィルターを買う前に、
太陽撮影に使用するレンズを確定し、径を決めなければならない。

太陽は小さい(見かけの大きさは月とほぼ同じ)ので、17mmとかでは話にならない。

ということで、手持ちのレンズで焦点距離の長いものを探してみると、

70-300mm F4.5-5.6 G SSM (SAL70300G)

があった。

70-300mm F4.5-5.6 G SSM (SAL70300G)
70-300mm F4.5-5.6 G SSM (SAL70300G)

このレンズ、Gレンズとして、ソニーα用のレンズとしては高級な部類であり、
画質に定評があるようだが、個人的には評価は低い。

# 前ピンとか後ピンとかの、カメラとの相性だろうが。

が、手持ちのレンズの中で次に焦点距離の長いものとなると、
シグマの50-200mmなので、70-300mm F4.5-5.6 G SSM (SAL70300G)を使うことにする。













# 太陽相手なので、そんなに画質に拘ることもなかろう。

デジタル一眼はソニー、キヤノン、ニコン等多数持っているが、今回の金環日食撮影に使用する予定のカメラは、ソニーのα55(SLT-A55V)である。

ライブビューがあり、かつ液晶モニターがバリアングル(動く)のがその理由である。

さらにα55は、OVF(光学ファインダー)ではなく、EVF(電子ビューファインダー)である。

今回は減光フィルターを通すので安全ではあろうが、ファインダーを覗くことになっても、
EVFはOVFとは違い、太陽の光を直接見ることにはならない。

今回の金環日食は午前7時台であり、太陽高度は低いだろうが、
バリアングルモニターは、楽な撮影体勢を提供してくれる。

画像素子はAPS-Cサイズ、よって70-300mm F4.5-5.6 G SSM (SAL70300G)のテレ端で撮影した場合、
35mm換算では300×1.5=450mm相当となる。

さて、70-300mm F4.5-5.6 G SSM (SAL70300G)のフィルター径は62mmである。

それに対し、マルミの太陽撮影用フィルターは、58mmか77mmの二種類しかない。

つまり、何れも合わない。

よって、通常は77mmを買い、ステップアップリングで径を上げて取り付けるのだが、
上記にも挙げたように、77mmは高いという罠。

スポンサーリンク

1/100000(十万分の一)という、非常に濃い減光フィルターなので、
太陽くらいしか撮影対象がないww

そんなモノにカネをかけるのもアレなので、安価な55mmを選びたい。

ということで、ステップダウンリングを使用し逆に径を下げ、

62mm→58mmステップダウンリング + DHG ND-100000 58mm

という組み合わせとした。

気になるのが、ステップアップではなく「ダウン」なので、ケラれないか、ということ。
元の状態よりもレンズの口が狭くなるので、撮影画像の周囲が暗くなってしまう可能性があるということだ。

しかし、太陽自体小さく、周辺は確実に空くことになる。
そして太陽以外は何も写らないので、別に周辺が暗くなっても問題はない。

マルミ光機で揃えることに

狙ったわけではないのだが、両者ともマルミ光機で揃えることになった。

DHG ND-100000 58mm と ステップダウンリング62mm→58mm
DHG ND-100000 58mm(左) と ステップダウンリング62mm→58mm(右)

手に入れたのが5月に入ってからなので、品薄になりかけていた。

ま、こんなモノといっては何だが、なかなか売れるものではなく、この機に売り切ってしまわないとならない。
生産をそれなりの数としているだろうから、品薄になるくらいがちょうどいい。

ステップダウンリング62mm→58mm(マルミ光機)

まずはステップダウンリングから。

外箱
外箱

62mm→58mm
62mm→58mm

ステップダウンリング
ステップダウンリング

側面
側面

単なるリングなので、特記することはない。

太陽撮影用フィルター DHG ND-100000 58mm

次に太陽撮影用フィルターを。

太陽撮影用フィルター DHG ND-100000 58mm
太陽撮影用フィルター DHG ND-100000 58mm

単なる黒い減光フィルターである。

太陽撮影用フィルターの側面
太陽撮影用フィルターの側面

付属のガイドブックは、ブックというよりも紙片である。

金環日食撮影ガイドブック
金環日食撮影ガイドブック

ま、最低限のことは書いてるので十分だが。

で、先のステップダウンリングと組み合わせると、

62mm→58mmステップダウンリング + DHG ND-100000 58mm
62mm→58mmステップダウンリング + DHG ND-100000 58mm

こうなる。

70-300mm F4.5-5.6 G SSM (SAL70300G)に取り付け

これを70-300mm F4.5-5.6 G SSM (SAL70300G)に取り付ける。

まずはステップダウンリングをレンズに取り付ける。

ステップダウンリング取付前
ステップダウンリング取付前

ステップダウンリング取付後(一番上部の黒い部分)
ステップダウンリング取付後(一番上部の黒い部分)

これで62mm→58mmと「ステップダウン」した。

この時点で300mm(テレ端)にし、ケラレが出るか撮影してみる。

室内壁を撮影
室内壁を撮影

問題ないようだ。

# こんな確認ではケラれていても分からないのであるが。

次に、太陽撮影用フィルターを取り付ける。

太陽撮影用フィルター取付後
太陽撮影用フィルター取付後

前面から見たところ
前面から見たところ

レンズ先端の様子
レンズ先端の様子

ステップアップではなくステップダウンなので、レンズフードが取り付けられなくなる可能性はないだろうが、
念のためにフードを付けてみることにする。

フード装着後の内部
フード装着後の内部

問題なく付いた。

試に、フラッシュを焚いて近くのものを撮影してみる。
もちろん、ピントは合わないので、MFにしてだ。

フラッシュを焚いて撮影
フラッシュを焚いて撮影

フラッシュを焚いたにもかかわらず、何も写らず、真っ黒である。

1/100000(十万分の一)というのは、それほど濃いフィルターなのだ。

次に、頭上の蛍光灯を、絞り開放(F4.5)、シャッタースピード4秒で撮影してみる。

ISOはオートだったが、1600になった。

# α55は、ISOオート時のISO上限下限を設定できない。
# α700では、上限下限の設定可能。

フラッシュを焚いて撮影
F4.5 4s ISO1600

これで「何かしら」が写るくらいである(ブレもあるが)。

絞りとシャッタースピード

金環日食時、食分(月に隠される割合)が95%だとすると、シャッタースピードは

ISO100時

F2.8:1/1000
F4:1/500
F5.6:1/250
F8:1/125
F11:1/60
F16:1/30

が目安のようだ。

三脚に固定することになろうから、シャープさを求め、F8あたりでいこうか。

なお、食分0%(つまり、通常の太陽)では、

ISO100時

F2.8:1/16000
F4:1/8000
F5.6:1/4000
F8:1/2000
F11:1/1000
F16:1/500

となるようだ。

レンズがF2.8の場合、1/16000を出せるカメラは限られるであろうから、その場合は絞らねばならない。

なお、α55は1/4000まで、α700は1/8000まで出せる。

最も肝心なのは?

当日、晴れるかどうかということ。

曇ったら、全部ゴミ箱逝きwwwwwwwwwwwwwwww

しかし、天気以前にα55(SLT-A55V)がカメラエラーで故障!しかも金環日食の前日にwww

関連記事

更新履歴

スポンサーリンク

hdd@468x15


kanren

-カメラ
-, , , , , , ,