消費税増税強硬推進派、2025年までに30%を目指す。投稿記事数は伍阡以上!

ハードディスクメンテナンス

STINGER PLUS2の「Powered by STINGER」を削除/消す方法

更新日:

本サイトはSTINGER PLUS2ではないが、STINGER PLUS2の無料版が出ていたので、テスト環境下で少し試してみて気付いた点。

<STINGER PLUS2(無料版含む)に関するカスタマイズ事項>

①ページ最下部にある「Powered by STINGER」の削除

「footer.php」の最下部付近にある

に変更する(コメントアウト)。

「Powered by STINGER」だけでなく、その前の部分

Copyright(c) www.kono-hage.com , 20XX All Rights Reserved

も消えてしまうが、それほど問題ないだろう。

残したいなら、コメントアウトした下に

などと書いておけばよい。

他にも若干機能的に失われる部分があるようだが、ソースを見て補完すればイーダロー(飯田朗)。

なお、base.jsの編集など、STINGER PLUSに於ける(過去の)削除方法は使えない。

公式で出ている、有料(税込2,500円)の「クレジット削除プラグイン」を使うと楽。

・クレジット削除プラグイン:「Powered by STINGER」の削除
・コピーライト完全削除プラグイン:「Copyright~Powered by STINGER」の削除

消せる範囲が広いので後者の方が高く、税込3,150円となっている。

サイト閲覧者が、サイト運営者に問い合わせをする場合、企業サイトヨロシク、ページ下部を見るコトが多い。

そこに「Powered by STINGER」とあると、「運営者はSTINGERというヤツだな!(違うw)」となり、STINGER開発者に問い合わせる事例があるという。

であるから、「Powered by STINGER」を消したら、「お問い合わせはコチラ」などとして問い合わせフォームなどに誘導するのがいいだろう。

問い合わせフォームは、無料のプラグインなどでカンタンに実装可能である。

しかしながら、実際にはスパムダラケ、回答が面倒杉流などの理由で、問い合わせフォームを意図的に置かないコトも多い。

ソレが、インターネットというぁゃιぃ、ウサンクサイ、イガグァウァスィーッ!(by財津)、信用デキナイ世界に於ける現実でアルィ、キミがどう抗ッても、何も変わらないリアルガティな現実を知るがイー(YEE)!

②ヘッダ画像の削除

外観>カスタマイズ>ロゴ画像から編集できると思ったが、何故かできなかった?ので。

「functions.php」の

に変更する。

なお、画像自体は「stingerplus2/images/af.png」である。

kanren

プレイステーション クラシック
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2018年12月発売 20タイトル収録
メガドライブミニ
セガゲームス
2019年9月発売 42タイトル収録
メガドライブミニW
セガゲームス
2019年9月発売 42タイトル収録
PCエンジン mini
コナミデジタルエンタテインメント
2020年3月発売 58タイトル収録

-インターネット
-, , ,

Copyright© ハードディスクメンテナンス , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.