消費税増税強硬推進派、2025年までに30%を目指す。投稿記事数は肆阡玖陌以上!

ハードディスクメンテナンス

[057] フロッピー起動ツールをCD-ROMから実行する

更新日:

FeatureTool(HGST)やPowermax(Maxtor)など、ハードディスク関連ツールの多くは、FD(フロッピーディスク)から起動しますが、これらをCD-ROM起動で実行する方法を解説します。

FDDがないパソコン

HGSTのFeatureToolやMaxtorのPowermaxなど、ハードディスク関連ツールは、
起動FD(フロッピー)を作成し、そこから起動して実行するものが大半です。

しかし、最近はFDD(フロッピーディスクドライブ)を
搭載していないパソコンも増えてきました。

USBのFDDがあれば作成はできますが、
USBのFDDからの起動に対応していない場合は実行ができません。

CD-ROMから起動させるようにする

FDDがなくても、CD-ROMドライブがある場合は、CD-Rで起動CD-ROMを作成することで実行できます。

しかし、Memtest86のように起動CD-ROMイメージが用意されている場合は良いのですが、
それがない場合は、そのイメージから準備しなければなりません。

FDイメージ → CD-ROMイメージ → 起動CD-ROM

Virtual Floppy Driverというソフト(GENERAL PUBLIC LICENSE)があります。
これは、仮想のFDDを作成するソフトです。

これを使うと、お使いのパソコンにFDDがなくても、FDDを用意することができます。
そのFD内のファイル類は、イメージとしてHDD上に作成されます。

そのイメージを起動CD-ROMイメージに変換し、CD-Rに焼けば、
起動CD-ROMを作成することができるわけです。

FDイメージの作成

Virtual Floppy Driverを入手し、解凍してください。
解凍すると「vfd」というディレクトリの中に「vfdwin.exe」というファイルがありますので、ダブルクリックして実行します。

実行すると「Virtual FD コントロールパネル」という画面が表れます。

画面の下部に

Virtual FD ドライバが停止されました。
Virtual FD ドライバが開始されました。

と表示されていない場合は「インストール」そして「開始」をクリックしてください。

「イメージ」には、作成するFDイメージの名前(任意)を入れます。
例えばMaxtorのPowermaxのイメージを作成する場合、
「powermax.img」と入力すると良いでしょう。

イメージは「vfdwin.exe」と同じ階層に作成されます。

サイズは1.44MBを選択します。

ドライブは「A:」を選びます。
これは、大抵FDDはAドライブであるという決まりがあるためです。

B:でも作成できますが、Powermaxのインストール先はA:と決まっていますので
B:ではPowermaxをインストールすることができません。

FDDが搭載されているパソコンの場合は、既にA:がそれに割り当てられていますので
A:に設定することができません(A:がプルダウンメニューにない)。

「ドライバ」は「vfd」ディレクトリ内の「vfd.sys」が指定されているはずです。

この状態で「マウント」をクリックします。

上記で「イメージ」に何も入力していない場合は、クリックすることができなくなっています。

すると画面下部に「Virtual FD イメージがマウントされました」と表示されます。
マウントとは、フロッピーをドライブに入れた状態に相当します。

この時、マイコンピュータ内に物理的にはないはずのFDDが出現します。
これが仮想FDDです。

仮想FDDをダブルクリックすると、
フォーマットされていない由のメッセージが出ますので、フォーマットを行います。
(未フォーマットのフロッピーを開こうとした状態に相当)

クイックフォーマットにはチェックを入れないで下さい。

仮想FDDであり、実際はHDDにあるため、フォーマット速度はかなり速いです。

フォーマット後、仮想FDDを開くと、ファイルがない状態が確認できます。
(フォーマット済みのフロッピーを開いた状態に相当)

この状態のまま、ダウンロードしておいた「powermax.exe」を実行します。

仮想FDD(A:)は準備されていますから、そこ(A:)に対してインストールするわけです。

Powermaxのインストールが終わり、A:を開くとファイルがインストールされています。
この時に、ハードディスク(HDD)の静音化 AMSET
「AMSET.EXE」と「CHIPSET.DRV」も入れておくと、静音化も実行できるようになります。

インストールを確認したら「アンマウント」をクリックします。
これでマイコンピュータから仮想ドライブが消えます。

ここでの目的は、起動FDイメージを入手することです。
先述したように「vfd」ディレクトリ内に「powermax.img」というファイルが作成されています。

これでFDイメージの作成は終了です。

CD-ROMイメージの作成

上記で得たのはFDイメージですので、CD-ROMから起動するためには、
これをCD-ROMイメージに変換する必要があります。

そこで、起動FDイメージをISOイメージに変換するプログラムを入手します。
GUI版とバッチファイル版がありますが、
変換するだけですのでバッチファイル版で良いでしょう。

解凍すると「ISOイメージ作成.cmd」というファイルがありますので、
そのショートカットを作成しておきます。

ショートカットは様々な方法で作成できますが、その一例として「ISOイメージ作成.cmd」を右クリックし、
送る>デスクトップ (ショートカットを作成)でデスクトップにショートカットを作成することができます。

上記で作成した「powermax.img」を「ISOイメージ作成.cmd」のショートカットにドロップします。

必ず「ショートカットに対して」ドロップしてください。
「ISOイメージ作成.cmd」に対してドロップしても動きません。

すると、DOS窓(黒い画面)の上に「名前を付けて保存」という画面が出ますので、
「powermax.iso」と名前を入れ、保存先を指定して「保存」をクリックします。

問題なく変換できると「ISOイメージの作成が完了しました」というメッセージが表示されます。

確認できたら何かキーを押して、黒い画面を消します。

保存先に「powermax.iso」というファイルができています。

これが、CD-ROMのイメージファイルです。

起動CD-ROMを作成する

作成したイメージをCD-Rに焼き、起動CD-ROMを作成します。
isoイメージの焼き方は他で多数解説されていると思いますので、ここでは割愛します。

起動CD-ROMから起動する

作成したCD-ROMをドライブに入れ、電源を入れます。
作成に問題がなく、CD-ROMから起動する設定になっていれば、起動できるはずです。

CD-ROMから起動するためには、予めBIOSで起動順位を設定しておく必要があります。
CD-ROMの起動順位がHDDよりも後だと、HDDにあるOSが起動してしまいます。

優先順位を高めておいてください。

注意点

作成した起動CD-ROMは、FDとは異なり書き込みできません。

HDDツールのログをFDに残すような機能は、
書き込みを伴ないますので実行できません。

書き込み禁止にしたFDと同じ状態に相当するわけです。

応用

上記の方法を使うと、Powermaxだけでなく、
Drive Fitness TestFeatureToolもCD-ROMから実行できるようになります。
(現在ではCDイメージも配布されていますのでそちらを使う方が早いですが)

また、MS-DOS起動ディスクもCD-ROMから起動できます。

更新履歴

kanren

プレイステーション クラシック
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2018年12月発売 20タイトル収録
メガドライブミニ
セガゲームス
2019年9月発売 42タイトル収録
メガドライブミニW
セガゲームス
2019年9月発売 42タイトル収録
PCエンジン mini
コナミデジタルエンタテインメント
2020年3月発売 58タイトル収録

-コンピュータ, 光学ドライブ
-, , , , , ,

Copyright© ハードディスクメンテナンス , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.