データ復旧・修復・復元・診断・消去

消費税増税強硬推進派、2025年までに30%を目指す。投稿記事数は肆阡以上!

hdd@468x15

IntelのI219Vとその最新ドライバー インテル PROSet ジャンボパケット,ジャンボフレーム,ASRock,H170M Pro4

2016/09/27


>>高還元のクレジットカード比較 期間限定のキャッシュバックなど!<<

安価なNIC(LAN)といえばRealtek(カニ)ダグァ、最近はIntelのI219Vが載っていることが多い。

関連:Intel-Ethernet-Connection-I219-V

Core i7-6700で組んだ際に使用したH170M Pro4(ASRock)もソー(SAW)である。

ASRock Intel H170チップセット搭載 MicroATXマザーボード H170M Pro4

関連:組立作業 Core i7-6700(Skylake) H170M Pro4(ASRock) TS2133HLH-16GK(Transcend)

関連:Core i7-2600K(SandyBridge)からCore i7-6700(Skylake)へ移行シチャウ件 H170M Pro4(ASRock) TS2133HLH-16GK(Transcend)

関連:Core i7-2600K(SandyBridge)からSkylakeへの移行検討 Core i7-6700K,Core i7-6700,Core i5-6500,Core i3-6300,Pentium G4500

登場がQ2'15というコトで、比較的新シムェのLANであるから、Windows10のインストールでドライバーを持っておらず、手動で入れる必要がある。

ドライバーは、ASRockのH170M Pro4のページに置いてあるから、解凍してUSBメモリーなどに入れてインストールするとイーダロウ(飯田朗)。

関連:ダウンロード H170M Pro4

そのモノのバージョンは、12.13.17.4(2015.06.18)であった。

I219V_12.13.17.4(2015.06.18)

M$のネット経由のアップデートではソレ以上のバージョンがナイようだが、通信できるし特に不具合はない。

ンで、その後、Intelから最新のドライバーを入れると、

関連:I219Vの最新のドライバー

バージョンが12.15.23.1(2016.05.10)となる。

I219V_12.15.23.1(2016.05.10)

インストーラー形式となっているが、普通は最小の構成(インテル PROSetにチェック)だけでイーダロウ(飯田朗)。

I219V_インストーラー形式

ワケの分からないモノを入れても、使わないからね。

前Verと比べると、新しくなっただけでなく、「リンク速度」タブが増えている。

さらに、「詳細設定」「電力の管理」の内容が変わっている。

I219V_リンク速度

I219V_詳細設定

スポンサーリンク

I219V_電力の管理

確認すべきコトは、「リンク速度」にてGigabitで接続されているか(Gigabit接続の場合)というコトと、ジャンボパケット(ジャンボフレーム)が有効かつ適した値になっているかとゆーコト。

ジャンボパケットの選択肢は、このドライバーの場合、「無効」「4088バイト」「9014バイト」の3つであり、任意の値は設定できない。

I219V_ジャンボパケット

周辺機器(HUBなど)のジャンボパケットの値を確認し、大きな値が設定できるなら「9014バイト」に設定しよう。

必要であるなら、節電オプションや、WOL(Wake on LAN)の設定も見ておこう。

I219VのTDPは0.5Wであり、省電力設定にしてもシレてるダローが...

なお、リンク速度>アダプターの識別のメディアタイプで「銅」とあるのは、銅線(メタリックケーブル)のコトだろうね。

I219V_メディアタイプ_銅

単に接続に銅線を使ったLANケーブルを使用するというコトである。

関連:HUBの仕様にジャンボフレーム(Jumbo Frame)を書かないの?

関連:ダイソーのLANケーブル(カテゴリー6)の速度計測!レビュー

関連:ごつ短いLANケーブルを探したった結果wwwww

スポンサーリンク

hdd@468x15


kanren

-コンピュータ
-, , , , , , , , , ,