rigaya氏のAviUtlの出力プラグインの削除方法

rigaya氏のAviUtlの出力プラグインの削除方法

関連:AviUtlのお部屋

関連:rigayaの日記兼メモ帳

Aviutlフォルダにaviutl.exeを含む一式が入っているとして、Aviutlフォルダを他マシンにモッテッテも動くが、ハードウェア環境が異なると、当然使えない出力プラグインが出てくる。

例えば、Intel環境でQSVEncを使っていたのが、AMD環境になると、Intel HD/UHD Graphicsがないので使えないということになる。

しかし、ファイル>プラグイン出力の選択肢には、以前のマシンでの内容が表示されてしまう。

プラグイン出力_Aviutl

使ゑンもンが表示されてると、メティアクティアうヅァゐ!!

是を防ぐには、出力プラグインを削除する必要がある。

その方法を、以下に記しておく。

x264guiEx

x264guiEx:ソフトウェアエンコードなので、ハード環境に寄らず使用可能

Aviutlフォルダ内にある

・x264guiEx_stg(フォルダ)
・x264guiEx.auo
・x264guiEx.conf
・x264guiEx.ini

を削除

x265guiEx

x265guiEx:ソフトウェアエンコードなので、ハード環境に寄らず使用可能

Aviutlフォルダ内にある

・x265guiEx_stg(フォルダ)
・x265guiEx.auo
・x265guiEx.conf
・x265guiEx.ini

を削除

QSVEnc

QSVEnc:Quick Sync Video(ハードウェアエンコード)なので、ハード環境に寄る(Intel HD/UHD Graphicsが必要)

Aviutlフォルダ内にある

・QSVEnc_stg(フォルダ)
・QSVEnc.ini
・QSVEnc.auo
・QSVEnc.conf

を削除

NVEnc

NVEnc:ハードウェアエンコードなので、ハード環境に寄る(NVIDIAのビデオカードが必要)

Aviutl\pluginsフォルダ内の

・NVEnc_stg(フォルダ)
・NVEnc.auo
・NVEnc.conf
・NVEnc.ini

を削除

VCEEnc

VCEEnc:ハードウェアエンコードなので、ハード環境に寄る(AMDのビデオカード/APUが必要)

Aviutl\pluginsフォルダ内の

・VCEEnc_stg(フォルダ)
・VCEEnc.auo
・VCEEnc.conf
・VCEEnc.ini

を削除

削除シタラ/設楽、プラグイン出力の選択肢から消えてるコトをシッカリ確認セョ!

関連:AviUtlが6年ぶりに更新、キャッシュサイズの上限が拡大!

関連:[AviUtl] 拡張編集Plugin v0.93 [テスト版]

関連:AviUtlでピクセルリサイズ的な拡大をする方法 – アンチエイリアス回避

関連:Intel HD Graphics(内蔵ビデオ,iGPU,QSV)とビデオカード(NVIDIA GeForce,NVENC)を共存させる方法