消費税増税強硬推進派、2025年までに30%を目指す。投稿記事数は伍阡以上!

ハードディスクメンテナンス

AviUtlが、6年ぶりにアップデートだが問題発生!

更新日:

AviUtlがテスト版であるが、更新されている模様。

AviUtl

・2013/04/01:ver 1.00
・2019/08/18:ver 1.10rc1

であるから、更新は実に6年ぶり?

更新内容は、

・ビルド環境の更新とそれに伴う調整をした。
・映像のキャッシュを共有メモリで確保するようにした。
・キャッシュサイズの指定をメモリ容量で指定するようにした。
・メモリの確保失敗時にキャッシュサイズを調整して再試行できるようにした。
・LargeAddressAwareを常に有効にするようにした。
・システム設定の初期値を一部変更した。

とある。

システムの設定を見ると、「キャッシュフレーム数」がなくなり、「キャッシュサイズ」となってる。

システムの設定_AviUtl_v1.00
↑AviUtl_v1.00

システムの設定_AviUtl_v1.10rc1
↑AviUtl_v1.10rc1

「キャッシュサイズ」とは...

映像用のキャッシュのサイズをMByte単位で設定します。
共有メモリで確保するので32bitアプリのメモリの制約を受けません。
設定できるキャッシュサイズは32~1048576です。

最大で1,048,576MBというコトで、32bitプロセスの4GB制限を超えられるようになった模様。

最近のパソコンは、メモリーをフンダンに搭載している(ワシのメイン機は32GB)ので、ソレが生かせるようになる?

# メモリーをフンダンに積み、キャッシュサイズを上げても、操作が軽くなるワケではない。

64bitにガティで対応し、昨今のハード環境に最適化されれば、まさに「最強」となるだろう。

本件により、よりハイスペックなマシンが欲しくなるのかはシラン(SILANE)。

関連:Windows10のアップデート(1903)と、第三世代Ryzenへの移行を検討?

ダグァ、

iniファイルの書き込みに失敗しました_AviUtl

iniファイルの書き込みに失敗しました

Application Exception_AviUtl

---------------------------
AviUtl : Application Exception
---------------------------
アドレス"0x75A53442"で例外"0x0eedfade"が発生しました

発生モジュール : KERNELBASE.dll
オフセットアドレス : 0x00113442
備考 : FILTER::func_exit() [リサイズフィルタ]

正常な動作が出来ない可能性がありますが処理を継続しますか?

は?

aviutl.iniが読み取り専用になっているトカではない。

右クリックで管理者として実行すると、これらのエラーは出なくなるが、ファイルのドラッグ&ドロップでは読めなくなるので面倒(以前から)。

「互換性」で「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れておくと、右クリックせヅとも、管理者として実行できる。

管理者としてこのプログラムを実行する_AviUtl

だが、v1.00は管理者実行ではないが無問題であり、管理者として実行してなくてもエラーが出ない方法があったのかは、ヅゐヴン昔のコトなのでシラン(SILANE)。

解決:C:\Program FilesやC:\Program Files (x86)ではなく、C:\AviUtlなどに置けばよい。

関連:AviUtlでピクセルリサイズ的な拡大をする方法 - アンチエイリアス回避

関連:[NVIDIA] Low Latency Mode が追加された件 [GeForce GTX 1060]

kanren

プレイステーション クラシック
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2018年12月発売 20タイトル収録
メガドライブミニ
セガゲームス
2019年9月発売 42タイトル収録
メガドライブミニW
セガゲームス
2019年9月発売 42タイトル収録
PCエンジン mini
コナミデジタルエンタテインメント
2020年3月発売 58タイトル収録

-コンピュータ
-, , ,

Copyright© ハードディスクメンテナンス , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.