データ復旧・修復・復元・診断・消去

消費税増税強硬推進派、2025年までに30%を目指す。投稿記事数は肆阡以上!

hdd@468x15

[AWS] WordPressが重い/遅い件への対策 [MySQL]

2017/10/11


>>高還元のクレジットカード比較 期間限定のキャッシュバックなど!<<

CPUを喰いツクしているのか、メティアクティア重い/遅い、WordPress@t2.micro@AWS(Amazon Web Services)。

WordPress

月額250円のレンタル鯖(ロリポップ!のライトプラン)内にあるWordPress(普通に使える)より重いというか、重杉流wwwww

月額10円の鯖か!と思われるクライ(CRY)、激重である。

関連:重巡航管制機要撃 哀骸怨

最初はゴツ軽かッた(Calcutta)ンですが、タッタ数日で激重にw

WordPress@t2.microを用意→コンテンツをインポート→軽い!AWS最高!→(数日後)→激重→小林!

なンなン、コレ?

はヅかシ~で、生きてクァルェ変デwwwwwwwwww

WordPressの管理画面にも入れないので、記事を投稿するコトすら不可能wwwww

ローカルのメモ帳(大爆笑)に書くか(郭嘉)、手元のノートにエンピツで書いた方がマシwwwww

字も上達スルし、汚ヅィー惨のヴォケ防止にもイーンチャウン(茶運)?

# ネットに初期から触れてゐる、自称「情強」の上端は、スデに老境に入ッてル、2017年の秋ヅァル。

CPUクレジットも使い切ったので、バーストができず、10%以上のチカラを出セヅ、完全にオイコマレタ状態wwwww

関連:[AWS] CPUの使用率とCPUクレジットの消費と回復,有効期限 [T2インスタンス]

WP Super Cacheなどのキャッシュプラグインを入れると、静的ファイルが書き出され、毎度DBにアクセスするコトがなくなるので軽くなるのは知っているが、有効にしても重いか、逆に悪化するシマツwwwww

ンな小手先の対策ではダメのようだ。

で、WordPress@AWSが重い件で調べていると、メモリ不足のハナシが多い。

AWSのt2.microインスタンスのメモリ(RAM)は、下記の通り1GBである。

EC2_料金_東京_AWS

RAMが不足する上に、swap(スワップ,RAM不足時の退避先)がナイのでダメ!作れ!という情報があるので、鯖を調べてみる。

Tera Termで接続し、以下を実行。

grep Mem /proc/meminfo
grep Swap /proc/meminfo

結果...

meminfo_AWS

メモリに(まだ)空きはあり、swapもある。

自力で環境を構築した場合はswapは作らないとないだろうが、アマゾンのチュートリアルに従ってBitNamiでインストールしたりすると、swapが自動で作成されるようだ。

なので、メモリには問題ないというコト。

やはりCPUに着手するしかない。

DBに問い合わせ→引き出しにCPUを喰うので、これを改良する。

<MySQLの設定を見直す>

FileZillaで接続し、以下を開く。

/opt/bitnami/mysql/bitnami/my-micro.cnf
(t2.micro and WordPress powered by BitNamiの場合)

<デフォルト状態>

[mysqld]
#wait_timeout = 120
long_query_time = 1
query_cache_limit=2M
query_cache_type=1
query_cache_size=8M
innodb_buffer_pool_size=16M
#innodb_log_file_size=128M
#tmp_table_size=64M
#max_connections = 2500
#max_user_connections = 2500
#innodb_flush_method=O_DIRECT
#key_buffer_size=64M

これを以下に書き換えて送る。

<変更後>

[mysqld]
#wait_timeout = 120
long_query_time = 1
query_cache_limit=8M
query_cache_type=1
query_cache_size=64M
innodb_buffer_pool_size=16M
#innodb_log_file_size=128M
#tmp_table_size=64M
#max_connections = 2500
#max_user_connections = 2500
#innodb_flush_method=O_DIRECT
#key_buffer_size=64M

そして再起動する。

AWSの管理画面(ダッシュボード)でインスタンスを選択して再起動してヤレばイーwww

再起動が終り、サイトが表示されることを確認したら、先の変更が反映されているかを、phpMyAdminで確認する。

phpMyAdmin(http://IP/phpmyadmin/)にアクセスしログイン、変数タブを選択し、フィルタに「query」と入れると、以下が確認できる。

変数_query_phpMyAdmin

query_cache_size=8M
query_cache_size=64M

となっているのが分かるだろう。

なお、この画面で、項目の左にある「編集」をクリックすると値を変更できるが、権限でエラーとなる。

権限でエラー_query_phpMyAdmin

で、この変更後、表示が速くなり(WordPressの管理画面も実投稿も問題ナシ)、大幅改善となったが、CloudWatchを見てみると...

CPU使用率が大幅上昇

CPUクレジットが急速激減

ゐッたゐドーなッてシマウのカーッ!

<プラグインの見直し>

なお、プラグインが重いとかの対策であるが、P3(Plugin Performance Profiler)で調べても、重いプラグインはなく、P3自体が重いという、アレな結果にwww

コードを表示する「SyntaxHighlighter」が原因という情報もあったが、無効化しても重い。

<謎杉流点>

t2.microを2つ用意し、各々に別のサイトをWordPressで立ち上げてある。

立ち上げ手順は同じで、プラグインも同じ、異なるのは内容(コンテンツ)とドメインくらい。

スポンサーリンク

だが、

・サイトA:アクセス多、負荷小
・サイトB:アクセス小、負荷大 ← 問題のサイト

というコトである。

サイトAのCPU使用率は4%程度なのに対して、サイトBは上述のアリサマ。

なンなン、コレ?

アクセスと逆とユーン(YUNE)は、どういうコト?

<今後>

上記対策後、30分くらい様子を見たが、十分に軽くなった。

テクァ、単にインスタンスを再起動したから軽くなった(=時期に重くなる)だけチャウン?

が、引き続きCPU使用率が20-30%前後と高く(ブースト状態)、CPUクレジットを常時喰いツクしている状態では、記事が増え、アクセスが増えるとアウトになるのは明白。

インスタンスの上位モデル(t2.smallやt2.medium、t2.large)に移行スルと、CPUのベースラインが増加、CPUクレジットの回復値増加、メモリ増加などで余裕が出るだろうが、

EC2_モデル_AWS

価格が格段に増加し、金銭(ゼニ,カネ)的にアウトである(笑)

EC2だけの金額は予期できるとしても、転送量/転送料が高すぎるので、オンデマンド(使った分だけ後払い)であっても、定額制でないAWSは危険杉流!

白黒ケータイの時にノートパソコンと接続して「モバイル通信や!」とか言ッてヨロコンでたら、翌月の請求にスィンだ小僧(コヅォー)の様ヤロ?セヤロ?

ムァ、アクセスの少ないサイトなのにCPU使用が多い点の解明が第一だが、ンなン面倒!という場合(ソレが普通)は、エックスサーバーなどの、定額制かつWordPressに最適化された鯖に移行した方がハヤいからw

転送料が含まれており、前払いの定額制なので、AWSの請求にドキ!土器!する、精神的な不安、ストレスからも解放される!

ミナサン、最高デスクァ~!最高ッ!!

サイトが重いと閲覧者が去るし(華堕魔猿氏)、検索エンジン(Googleなど)からも嫌われて来訪者激減、カネも名誉も全てを失い、神之國と運命を共にシテしまうサカイ、即時対応、即時移行や!

関連:AWSが1年間無料→軽く手を出す→請求にビビる!高い!!

関連:[AWS] CPUの使用率とCPUクレジットの消費と回復,有効期限 [T2インスタンス]

関連:[AWS] CPUクレジット残高が枯渇目前♪

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

さくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)

WordPressを使うならロリポップ!簡単インストール完備で楽々スタート!



Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂版
日経BP社 (2017-04-13)
売り上げランキング: 15,083
Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus)
舘岡 守 今井 智明 永淵 恭子 間瀬 哲也 三浦 悟 柳瀬 任章
技術評論社
売り上げランキング: 17,320
AWSエキスパート養成読本[Amazon Web Servicesに最適化されたアーキテクチャを手に入れる! ] (Software Design plus)
吉田 真吾 今井 智明 大瀧 隆太 松井 基勝 冨永 善視 藤原 吉規 大栗 宗
技術評論社
売り上げランキング: 213,095
スポンサーリンク

hdd@468x15


kanren

-サーバー
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,