データ復旧・修復・復元・診断・消去

消費税増税強硬推進派、2025年までに30%を目指す。投稿記事数は肆阡以上!

hdd@468x15

日記 (2007.06)

2015/05/22


>>高還元のクレジットカード比較 期間限定のキャッシュバックなど!<<

古い内容に付き、リンク切れが多発しています。


2007_07


■ 2007.06.22(Fri)

業界標準アーキテクチャ(ISA)バスのサポートの終了について


■ 2007.06.20(Wed)

DVR-AN16FAのファームウェアを更新する。







IOデータのサイトからファームウェアをダウンロードするには
製品のシリアル番号が必要となる。

なお、NECのND-3570A(NEC)と同じで、DVD-RAMには対応していない。

IOデータから"速度違反"対応DVD±R/RWドライブ発売

DVD±R DLの8倍速書き込みに対応するのが特徴で、2.4倍速対応のDVD+R DLメディアにも
8倍速で書き込みできるほか、DVD±Rの8倍速メディアにも"速度違反"の
16倍速で書き込みできる「オーバースピード機能」を備える。


■ 2007.06.18(Mon)

PartitionMagicのようなディスク移行ツールを使い、
起動ドライブ(C:)を新ハードディスクに移行後、
ログインしようとするも、すぐにログオフとなり、ログインできないことがある。

98/Meの起動ディスクがあれば[fdisk /mbr]を実行すればよいのだが、手元になかった。

スポンサーリンク

Windows2000でのMS-DOS起動ディスク作成方法
XPのMS-DOS起動ディスク作成でできるフロッピーには、肝心のfdiskが入っていない。

そこで、以下の方法でfixmbrしてみた。

MBRをリフレッシュする方法

2000やXPのセットアップからブートし、

1. R(Repair)を選択。

2. Administratorでログイン。

3. fixmbr [Enter]

しかし、
fdisk /mbrはMBRのNTシグニチャも含めて上書きするが、fixmbrではブートコードを書き直すだけ
であり、fixmbrでは回復しなかった。

ハードディスク内を検索すると、幸いにも
Meの起動ディスクからコピーしておいたfdisk.exeがあったので
XPのMS-DOS起動ディスク作成で作ったフロッピーにコピー、
[fdisk /mbr]し、回復(ログイン)することができた。

Vistaが出てXPも旧OSとなった今、98の環境も消えつつあるが、まだまだ必要な局面がある。

関連:ブートパーティションのドライブ文字が変更されているとログオンできない


■ 2007.06.06(Wed)

COMPUTEX TAIPEI 2007


■ 2007.06.05(Tue)

Processor Spec Finder

sSpec Number = SL6WG


■ 2007.06.02(Sat)

Google.com 1997-2007


■ 過去分

日記

スポンサーリンク

hdd@468x15


kanren

-日記