発光ダイオードのアノード(陽)とカソード(陰)を足の長さ、切り欠き、発光素子の形状で見分ける方法?

発光ダイオード(LED)って、足切るとアノード(陽)とカソード(陰)が分からんようにナッチマウ。

発光ダイオード(LED)

当然、逆にしたら点灯しない。

足の長い方がアノード(陽)だが、切られるとアウト。

発光部に切り欠きのある方がカソード(陰)ともあるが、切り欠きのない発光ダイオード(LED)もあるし、発光部の内部のツクリ(発光素子)でも、区別があるようでない。

実際に、以下の回路に於いて、内部構造(発光素子)で見て、

回路_発光ダイオード(LED)

左が大きい場合、

左が大きい場合_発光ダイオード(LED)

左が大きい場合_点く_発光ダイオード(LED)

右が大きい場合、
右が大きい場合_発光ダイオード(LED)

右が大きい場合_点く_発光ダイオード(LED)

となり、ドッチも点灯(ツ)いとるヤン!てコトで内部構造(発光素子)では区別できない。

トゥマリ、イロンナ発光ダイオード(LED)が出回ってるチューわけや。

てか、発光ダイオード(LED)、100本で174円とか310円とか、安杉流和wwwwwwwwww