GeForce(NVIDIA)の発色を、Radeon(AMD/ATI)に近付ける方法

AMDのビデオカード(Radeon等)に比べ、NVIDIAのビデオカード(GeForce等)の発色は地味だと言われる。

昔(ATI時代)は確かにそうだった記憶があるが、最近はそうでもないのでは?

で、地味なNVIDIAの発色を、AMD(ATI)のソレに近付ける方法。

NVIDIAのコントロールパネルを開き、ディスプレイ>デスクトップカラー設定の調整>デジタルバイブランスを変えるとよい。

デジタルバイブランス_NVIDIA

デフォルトでは50だが、これを55-60程度に上げるのだ。

値を変更し、「適用」を押して決定。

色は「適用」を押さなくても即座に変わるので、変化を見ながら値をキメタレ!

液晶モニターのボタンをポティ々ゐぢッて、ア~デもナゐコ~デもナゐとユ~より、格段にラクだろう。

なお、デジタルバイブランスを100にすると、色がゴツどギツクなるが、認識しやすくなるンで、チャカでハぢく系のゲーム(FPS等)に向くンかはシラン(SILANE)。

関連:[NVIDIA] GeForce Experienceで配信できない場合の対処方法(Windows Aero) [YouTube]

関連:GeForce Experience の NVIDIA ShadowPlay(Share) による録画方法詳解

関連:[Win+G] ゲームキャプチャの設定(フレームレートや画質等) [Windows]

関連:[NVIDIA] FREESTYLE(フィルター)を使い、敵を発見しやすくする方法 [GeForce]

関連:[Windows10] マウスを振ると隠れる「エアロシェイク(AeroShake)」を無効にする方法 [DisallowShaking]