データ復旧・修復・復元・診断・消去

消費税増税強硬推進派、2025年までに30%を目指す。投稿記事数は肆阡以上!

hdd@468x15

[069] SSD(Crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1)への換装

2016/07/25


>>高還元のクレジットカード比較 期間限定のキャッシュバックなど!<<

HDDからSSD(Crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1)への換装を行いました。

SSDへの換装

速いが容量が少なく高額だったSSD。

起動ドライブとしてはまあ容量が足りる64GBが
1万5千円を切ったので導入しました。

Crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1

選択したのは、Crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1

Crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1

速くかつ安価で売れ筋ナンバーワンです。

出た当初は品切れで入手困難でしたが、
今は落ち着いており、入手は容易です。

S-ATA 6Gbpsに対応しているのですが、
身の回りには3Gbps環境ばかりです(笑)。

中身

Crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1
黄色い箱

Crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1
中央に鎮座

Crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1
説明書らしきものが入っている

Crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1
裏面

Crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1
S-ATA端子と電源端子

換装

OSの再インストールではなく、ドライブコピーツールでコピーしました。

Crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1

その速さは体感で分かりますね。
ソフトの起動が速い。

3Gbps環境でも十分に体感できます。

起動ドライブだったHDDは、データ用としてそのまま付けてあります。
64GBでは、データ保存としては小さすぎますからね。

スリムPCであり、HDDを2台内蔵する場所がない
(厳密にはあるのだが、HDD用冷却ファンを付けてあるので物理的に入らない)のですが、
SSDは薄く小さいので、無理に内蔵できました。

固定もしておりません(笑)。

駆動部分のないSSDならではです。

ベンチマーク(C300-CTFDDAC064MAG)・・・移行後

C300-CTFDDAC064MAG

Sequential Read : 262.900 MB/s
Sequential Write : 48.362 MB/s
Random Read 512KB : 243.208 MB/s
Random Write 512KB : 25.671 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 28.669 MB/s [ 6999.3 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 4.251 MB/s [ 1038.0 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 31.547 MB/s [ 7702.0 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 4.682 MB/s [ 1143.1 IOPS]

OS : Windows XP Professional SP3 [5.1 Build 2600] (x86)

-----

Model : C300-CTFDDAC064MAG
Firmware : 0002
Disk Size : 64.0 GB (8.4/64.0/64.0)
Buffer Size : 不明
Queue Depth : 32
# of Sectors : 125045424
Rotation Rate : ---- (SSD)
Interface : Serial ATA
Major Version :
Minor Version : ATA8-ACS version 6
Transfer Mode : SATA/600
Power On Hours : 311 時間
Power On Count : 18 回
Temparature : 不明
Health Status : 不明
Features : S.M.A.R.T., APM, 48bit LBA, NCQ, TRIM
APM Level : 00FEh [ON]
AAM Level : ----

ベンチマーク(WDC WD2500AAJS-75VWA0)・・・移行前

WDC WD2500AAJS-75VWA0

Sequential Read : 57.598 MB/s
Sequential Write : 56.979 MB/s
Random Read 512KB : 30.379 MB/s
Random Write 512KB : 34.596 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.494 MB/s [ 120.7 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 1.078 MB/s [ 263.3 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 0.711 MB/s [ 173.5 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 1.104 MB/s [ 269.4 IOPS]

OS : Windows XP Professional SP3 [5.1 Build 2600] (x86)

-----

Model : WDC WD2500AAJS-75VWA0
Firmware : 12.01B02
Disk Size : 250.0 GB (8.4/137.4/250.0)
Buffer Size : 8192 KB
Queue Depth : 32
# of Sectors : 488281250
Rotation Rate : 不明
Interface : Serial ATA
Major Version : ATA8-ACS
Minor Version : ----
Transfer Mode : SATA/300
Power On Hours : 1876 時間
Power On Count : 139 回
Temparature : 42 C (107 F)
Health Status : 正常
Features : S.M.A.R.T., AAM, 48bit LBA, NCQ
APM Level : ----
AAM Level : 8080h [ON]

結果

結果は見ての通りですが、S-ATA 3Gbps環境なので、
6Gbps環境であれば、もっと伸びるでしょう。

もう1台入手

実は、同じものをもう1台入手してあります。
2台でRAIDではなく、各々別マシンで使用しています。

スポンサーリンク

が、もう1台の方では問題が...(続く)

関連記事

更新履歴

スポンサーリンク

hdd@468x15


kanren

-SSD, コンピュータ
-, , , , ,