データ復旧・修復・復元・診断・消去

消費税増税強硬推進派、2025年までに30%を目指す。投稿記事数は肆阡以上!

hdd@468x15

SATAケーブルの不良が原因?爪付きやノイズ対策シールド品を選ぶ?

2018/02/19


スポンサーリンク

新品購入のハードディスクの片方だけが、何かおかしかった件。

関連:[HDD] 冗長,再同期の失敗、そして異形式の出現! [ソフトウェアRAID]

ケーブルが原因かは不明だが、ケーブル交換で直り、現在様子見である。

ケース内をイぢった場合は、ケーブルの接触は、毎回確実に確認している。

アクシツなケーブルだったのか、接触不良なのか不明。

接触不良であれば、ガイジンが策定したような規格はアカンね。

重要なケーブルヤノニ(夜乃弐)スカスカだし、基板方向に曲げるとカンタンにコネクタ破損するし。

規格が決まると世界に広まり、面倒も世界に拡散され、多くのニンゲンが苦しむコトになるので、規格はシッカリと、100年クライ(CRY)、ガティで真剣にマぢで考ゑに考ゑた上で決定してほしい。

ンな時間カケたら、規格決定前に陳腐化して意味ないヤロ?セヤロ?

今回の旧ケーブルは見た目は問題ナシ!変形もナシ!緩みもナシ!であるが、SATAケーブルとユーモノは、

先端がプラスチックなので、テンション(ケーブルのヒッパリ)で容易に変形する。
筐体内部は高温であるので、プラスチックだと容易に変形する。
マザーボードに付属のケーブルが高級なハヅがない。

USBケーブルですら、先端は金属である。

このような悲惨な事態に対応するには...

SATA端子部にはチカラが掛からないようにする。
チカラがかかっていると、端子が浮いて接触不良になる(そのような構造のSATA自体が問題)。

マザー付属のケーブルは使用せヅ、爪付き品を別途買う。

爪付きのSATAケーブル

但し、SATAコネクタ縦に並んでいる場合、爪付きケーブルを挿すと抜けなくなる(ストッパーが押せないため)場合があるので注意!

劣化を危惧し、1年程度で全本交換する。
様々なケーブルが混じるとワケが分からなくなるため、予備を残し他は廃棄する。

分けの分からないケーブルを廃棄するのは、USBケーブルでも同じ。
スマホ充電/通信ケーブルで「使えるカラ」と不穏なケーブルを持っておくと、区別が付かず面倒なコトになる。
予備を残し廃棄セョ!

スマホのUSBケーブルゴトキでもアカン(認識が不安定や充電速度が遅いなど)シナモノがあるクライだから、SATAケーブルにもアカンシナモノがあると考えるのが普通ヤロ?セヤロ?

爪付き(ヌケや接触不良の防止)だけでなく、ノイズの対策シールドがあるなど、ケーブル自体の質が高いモノを選択すべき。

オウルテックの以下のケーブルはノイズ対策のシールドがされており、他ケーブルとの比較も公開している。

オウルテック 6Gbps対応シリアルATAケーブル[ストレート]-[下L型] ラッチ付 50cm ノイズ対策シールドモデル OWL-CBSATA-SLU50(SL)
オウルテック 6Gbps対応シリアルATAケーブル[ストレート]-[下L型] ラッチ付 50cm ノイズ対策シールドモデル OWL-CBSATA-SLU50(SL)

各種長さに加え、先端形状がストレート、上L型、下L型が用意されているので、自身の環境に合ったモノを選ぼう。

オウルテック_SATAケーブル

粗悪なケーブルがかなりあることに驚くが、コストカットの昨今考えれば、オカシクもないだろう。

デスクトップパソコンならキーボードとマウス、マザーボードならケーブルの質を落とすだろうし。

これらはスペックに表れないので、真っ先にコストダウンの対象となる。

細いケーブルは取り回しがしやすいが、規格に準拠してナイ?

関連:SeagateのHDD(ST3000DM008,3TB)を入手

関連:冗長の失敗(ST3000DM008,3TB,Seagate)

関連:再同期中のヴァクァスァ加減wwwww

オウルテック 6Gbps対応シリアルATAケーブル[ストレート]-[下L型] ラッチ付 50cm ノイズ対策シールドモデル OWL-CBSATA-SLU50(SL)
オウルテック (2008-09-26)
売り上げランキング: 9,900
スポンサーリンク

hdd@468x15


kanren

-エラー画面, コンピュータ, ハードディスク
-, , , , , , , , ,