データ復旧・修復・復元・診断・消去

パソコンやカメラ、ゲームなど。投稿記事数は3,300以上!

hdd@468x15

CPU換装(Core i7-2600K→Core i7-6700)とRAW現像の速度向上 Capture One

2016/08/18

RAW現像ソフトのCapture OneのSONY専用かつ機能限定版であるCapture One Express for Sonyは、ダウンロードして無料で使える。

関連:Capture One Pro v9.2.1が登場 - SONY版は無料で使用可能

対象RAWはARWだけなので、SONY機でしか使えない(コニカミノルタ時代のMRWは対象外)。

RAW現像にはCPUの処理能力が重要になってくるが、Core i7-2600K(SandyBridge)からCore i7-6700(Skylake)へ移行でどう変わったか。

Intel CPU Core i7-6700 3.4GHz 8Mキャッシュ 4コア/8スレッド LGA1151 BX80662I76700 【BOX】

関連:Core i7-2600K(SandyBridge)からCore i7-6700(Skylake)へ移行シチャウ件 H170M Pro4(ASRock) TS2133HLH-16GK(Transcend)

関連:Core i7-2600K(SandyBridge)からSkylakeへの移行検討 Core i7-6700K,Core i7-6700,Core i5-6500,Core i3-6300,Pentium G4500

前者が2011年1月の登場、後者が2015年9月の登場である。

Windows10 + Core i7-2600K

Windows10 + Core i7-6700

の環境で比べる(両者ともオーバークロックなし)。

Core i7-6700 on H170M Pro4

WEB閲覧程度では、大した差は感じられないが、RAWを扱うとなると、やはり後者の方が速い。

RAWファイル(ARW)を開くと当然表示されるが、拡大すると荒い画像が出て、少し遅れて精細になる。

拡大範囲を変更すると、荒い画像が出て、少し遅れて精細になる。

この、荒い画像から精細画像になるまでの時間が短くなった。

RAW現像がオモーテオモーテ(表々)/オモテーオモテー(同)という人は、CPU換装がエー↑デー↑

当然、Capture Oneが入っている起動ドライブと、RAWファイルのあるドライブはSSDとし、さらにメモリー増強は必須。

動画もヤル人はQSV(Quick Sync Video)を使うと速いし、コレもエー↑デー↑

関連:CPUとIntel HD Graphics,DirectX,QSV(Quick Sync Video)の関係

hdd@468x15


-CPU, カメラ, コンピュータ
-, , , , , , ,