データ復旧・修復・復元・診断・消去

パソコンやカメラ、ゲームなど。投稿記事数は3,785以上!

hdd@468x15

H170M Pro4(ASRock)のレビュー Intel H170,LGA1151,Micro ATX,マザーボード

2016/07/26


>>高還元のクレジットカード比較 期間限定のキャッシュバックなど!<<

既報の通り、Core i7-6700を入手した。

Core i7-6700_box

関連:Core i7-2600K(SandyBridge)からCore i7-6700(Skylake)へ移行シチャウ件 H170M Pro4(ASRock) TS2133HLH-16GK(Transcend)

関連:Core i7-2600K(SandyBridge)からSkylakeへの移行検討 Core i7-6700K,Core i7-6700,Core i5-6500,Core i3-6300,Pentium G4500

CPUソケットが異なるので、マザーボードを変える必要があり、選択したのはASRockのH170M Pro4である。

ASRock Intel H170チップセット搭載 MicroATXマザーボード H170M Pro4

類似モデル(H170 Pro4)との比較や、期間限定値引きで買ったというハナシは、以下。

関連:ASRockのH170M Pro4とH170 Pro4の違いや比較 レビュー

関連:[期間限定] ASRockのマザーボードのOFF祭! [ワシも買ゥたったwwwww]

で、シナモノがアマゾンから届いたので、サッソク開封する。

H170M Pro4(ASRock)

本マザーボードのチップセットは、型式からも分かるように、H170。

注意:Core i7-6700KCore i5-6600Kなど、K付きのCPUでオーバークロックするなら、Z170搭載モデルを選ぶコト。

付属品は、説明書、ドライバCD、バックパネル、SATAケーブル2本、そしてM.2用の固定ネジ。

内容物_H170M Pro4

説明書は多国語対応で日本語もあるが、英語版にしか書いてないコトもある。

てか、自作ヤルんなら、英語クライ(CRY)読めないとダメだよ(←上から目線)

M.2用の固定ネジはM.2用のSSDに付属していると思いきや付属していないようなので、なくさないように注意!

M.2用のSSDを使わなくても、ネジ紛失防止のために、マザーボード上のM.2部分に付けておいてもイーカモシレナイが、そのコトを記憶しておかないと「ネジない!ねじナイ!イルァイルァ!イルァイルァ!ド~ン!」となるので要警戒。

ソノ旨を記した小紙をマザーの該当箇所に貼っておくのもイーカムォしれない。

一度組み込んでしまうと、マザーボードをぢィムァぢィムァ見るコトはないので、シッカリ見ておく。

全体_H170M Pro4

コーゆーコトが、自作の高度な知識にツナガルのだ(←上から目線)

今までATXのマザーボードばかり使っていたので、Micro ATXであるH170M Pro4はかなり小さい。

ケースは流用するツモリあり大きいケースなので、スペース削減にはナラナイけど。

拡張スロットは、

拡張スロット_H170M Pro4

・PCIe3.0(x16サイズ)×2
・PCIe3.0(x1サイズ)×2

2×PCI Express 3.0 x16 スロット(PCIE1:x16モード、PCIE4:x4モード)
2×PCI Express 3.0 x1 スロット(フレキシブル PCIe)
AMD Quad CrossFireXおよびCrossFireX

となっている。

私はビデオカードを載せず、CPU内蔵ビデオ(Intel HD Graphics)を使うし、その他も増設の予定はないので、コレだけあれば十分。

全体を見て目に付くのは、バックパネル付近にある、「PRO」と書かれた大きな装飾。

装飾_H170M Pro4

この装飾はプラスティック製であり、放熱用のヒートシンクではない。

見た目にハクが付くが、それ以外(空気の流れとか)の効果はあるのだろうか?

この装飾はウラでネジ止めされているダクェなので、外すコトもできる?

装飾ネジ止め_H170M Pro4

メモリーソケットはDDR4×4本。

メモリーソケット_H170M Pro4

・デュアルチャネル DDR4 メモリテクノロジー
・4×DDR4 DIMM スロット
・DDR4 2133 non-ECC、un-bufferedメモリ対応
・ECC UDIMM メモリモジュールに対応(non-ECCモードで動作)
・システムメモリの最大容量:64GB
・Intel Extreme Memory Profile (XMP) 対応 2.0

最大64GBまで搭載可能だが、その場合、1枚16GBのメモリーを使う必要がある(16GB×4枚=64GB)。

既存(Z77 Extreme4)では16GBだったが問題なかったので、8GB×2枚でイクことにした。

TS2133HLH-16GK_Transcend

今後、より多くのメモリーが必要になれば、さらに8GB×2枚を足して32GBにしてもいいし、16GB×2枚を足して48GBにしてもいい。

より安価なマザーボードの中にはメモリーソケットが2本しかないモノもあるので、そのあたりはよく考えるコト。

メモリーソケットは後になって増設できないからね。

バックパネル部分。

バックパネル_H170M Pro4

バックパネル_H170M Pro4(MicroATX)

PS/2(マウス/キーボード)、USB3.0×6、VGA、DVI、HDMI、DisplayPort、LAN(Gigabit)、音声関連。

DisplayPortの有無がH170M Pro4選択のイティ要因なワケだが、ソレに関しては以下を。

関連:ASRockのH170M Pro4とH170 Pro4の違いや比較 レビュー

LAN(Gigabit)はカニ(Realtek)ではなく、IntelのI219Vである。

M.2ソケットがあるので、係るSSDを付けるコトもできる。

M.2ソケット_H170M Pro4

速度はPCIe Gen3×4なので32Gb/sにもなり、以前のGen2×2(10Gb/s)やGen2×1の(5Gb/s)に比べ各段に大きい。

SATA3(6Gb/s)接続のSSDは廉価品でも500MB/sを超えておりソロソロ頭打ち、M.2などを使って打破する必要があろう。

TS256GSSD370_2016年7月_Windows10

関連:Windows7からWindows10へのアップグレードによるSSD速度の変化 TS256GSSD370,ASRock Z77 Extreme4,Core i7-2600K

SATAは、6Gb/s(600MB/s)×6本であり、標準的な数。

音は、別記事で既に書いたが、コダワリがあるらしい。

ELNA製オーディオコンデンサ_H170M Pro4

OS-CONみたいなモンだと思われるが、チップはカニ(RealtekのALC892)である。

RealtekのALC892_H170M Pro4

膨張してエクィが噴き出すコンデンサではなく、固体コンデンサがホトンドなのは、前のマザーボードもソー(SAW)なので別にオドロカない。

GA-6VTX_コンデンサ_噴き出し

マザーボード表面にクニュアクニュアした線が見えるのは、距離を調整して信号到達のズレを避けるため?

クニュアクニュアした線_H170M Pro4

ムァ、そんなトコロや。

関連:Core i7-2600K(SandyBridge)からCore i7-6700(Skylake)へ移行シチャウ件 H170M Pro4(ASRock) TS2133HLH-16GK(Transcend)

関連:Core i7-2600K(SandyBridge)からSkylakeへの移行検討 Core i7-6700K,Core i7-6700,Core i5-6500,Core i3-6300,Pentium G4500

関連:[期間限定] ASRockのマザーボードのOFF祭! [ワシも買ゥたったwwwww]

↓ レジでさらに1,000円OFF(期間限定) ↓

↓ レジでさらに500円OFF(期間限定) ↓

hdd@468x15


kanren

-コンピュータ
-, , , , , , , , , ,