データ復旧・修復・復元・診断・消去

強硬な消費税増税推進派、2025年までに30%を目指す。投稿記事数は四千以上!

hdd@468x15

VirtualStore 隠しファイルではないが、見えないファイルが存在する件 Windows7

2017/02/15


>>高還元のクレジットカード比較 期間限定のキャッシュバックなど!<<

Windows7にて、ある古いフリーソフトを使っている。

そのソフトはC:¥Program Files内の指定場所に順次ファイルを保存するのだが、その場所には一部のファイルしかなく、残りを探しても、エクスプローラーでは見えない。

隠しファイルの設定か?と思って確認するが、全て表示になっている。

が、ソフト上では、存在することになっており、中身も見れる。

で、調べてみたところ、見えないファイルは、

C:¥Users¥ユーザ名¥AppData¥Local¥VirtualStore¥Program Files¥...

に保存されていることが判明!

アクセス権の問題から、仮想的にここに保存されている模様。

このVirtualStore¥Program Files内には、他にもいくつかのソフトの設定ファイルなどが見られた。

ソフトの実行ファイル(EXE)右クリックし、管理者として実行すると、指定場所に保存されるから、やはり権限の問題なのだろう。

で、仮想にあったファイルを指定場所に移動させる。

が、ファイル名が異なっても内容が同じもの(=内容重複)があるようなので、重複検出ソフトで探し出し、削除しようとするが、検出できない。

これも、C:¥Program Filesへのアクセス権が問題のようだ。

CドライブはOSの根幹であり重要だから、アクセス権が厳しいのだろうが、ある程度慣れているヒトにとっては、トラブルの元だね。

このソフトは、ショートカットがスタートアップ(shell:startup)内にあって自動起動するのだが、ショートカットを右クリックして、特権レベルの「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れておかないと、また仮想内に保存されてしまうコトになる。

スポンサーリンク

特権レベル「管理者としてこのプログラムを実行する」

さらに、その下にある「すべてのユーザーの設定を変更」も同様に。

監視用かつ忘れないように、Program Filesの指定場所に仮想箇所へのショートカットを作っておくなどしよう。

時々、ショートカットで仮想箇所に向かい、ファイルが生成されていないことを確認する。

ソフトがProgram Files内に保存するファイルは、設定ファイル(INI)などがある。

古いソフトを使い続ける場合、特にインストーラーがなく、慣習からC:¥Program Filesに解凍後のファイルをコピーしてショートカットを作成、そこからソフトを起動して使うような場合は、ソフトの起動と動作だけでなく、ソフトによって生成されるファイルにも注意しなければならない。

アクセス権がないと、生成もそうだが、上書き、削除も同様にできない。

「VirtualStore」で検索すると、同様のトラブルが多々出てくる...

スポンサーリンク

hdd@468x15


kanren

-コンピュータ
-, , , , , , ,