データ復旧・修復・復元・診断・消去

パソコンやカメラ、ゲームなど。投稿記事数は3,300以上!

hdd@468x15

[レビュー] GV-VCBOX(ビデオダビングボックス,I-Oデータ)の良い点と悪い点

2016/05/21

ビデオダビングボックスであるGV-VCBOX

GV-VCBOXの液晶モニター(3型)

コレを使い、大量の動画を作成してきたが、その上で、良い点と悪い点を。

<良い点>

①液晶付である
 3型の液晶モニターが付いており、別途モニターが不要なので、録画の手間がかからない。
 表示画質に関しては、旧ゲーム(サターンやプレステ)であれば問題ない。

②USB給電で動く(自己責任)
 PSP用の給電ケーブルが使える。
 RT-USBVACでの実測では、録画中の消費電力は5V 0.4A程度で低く、モバイルバッテリーでも使用可能。

③S端子入力がある
 コンポジット(黄色のRCA端子)に比べると、目で分かる差がある(一時停止すると分かりやすい)。
 S端子が使えるなら、是非使うべきだ。

④録画先にUSBメモリーやHDDも使える
 USBホスト機能があるため、SDカードだけではなく、USBメモリーやHDDも使える。
 SDカードの抜き差しよりも、USBのそれの方がラク(PCへの移動時も考えると)。
 録画先の優先順位は、設定で可能。
 内部に入り込んで出っパラないSDカードとは違い、USBメモリーの場合は出っパルが、長さの短いUSBメモリーを使えば気にならない。
 ストラップをスィリに付けておけば、ヒキヌクのもラク。

⑤HDMI出力で遅延が少ない
 3型の液晶モニターが付いているが、HDMI出力で大画面にも出せる(この時、内蔵の液晶は消える)。
 その際の表示遅延が少なく、格闘ゲームもOKだった。
 HDMI出力のない旧ゲーム機を最新のHDMI付きモニターに出すという「コンバーター的な機能」ともいえるが、後述する⑪の問題がある。

①と②から、運用箇所を選ばないのがイーヌェ!

<悪い点>

⑩録画中の音声レベルが変更できない
 録音前であれば変更できるが、録音を開始すると変更できなくなる。
 録音後に大小に気付くと厄介。
 小さい分に関しては、録画後の編集で大きくできるが、大きくて音割れがあると、どうにもならない。

⑪録画中の情報表示が消せない
 録画経過時間や音声レベルの表示などがあり、これがゲーム画面と重なると見えない。
 表示を消してしまうと動作状況が確認できず、「録画されていない!」というトラブルが生じるため、消せないようになっているのだろうが、表示場所を変えるなどができるようにしてほしい。

⑫HDMI出力すると本体から音が出なくなる
 HDMI出力があるため、大きな画面でプレイしながら録画できるが、その場合、本体スピーカーからの音が消え、前面にあるヘッドホン端子からも音が出ない(録音はされている)。
 HDMIの先にあるモニターのスピーカーなどから音が出るのだが、HDMI→DVI変換ケーブルを使用した場合、音が聴けない(当然)。
 ゲーム機の大半は音声出力が1つだけ(※1)のため、それが消されると音が聴けない。
 HDMI入力のあるモニターがあれば問題ないが、DVIしかない古いモニターを使うこともあるので...

<気にならない制限事項>

使用可能なSDカードの容量はSDHCの32GBまでであり、SDXCには非対応
 SDHCの32GBを使用した場合、約10時間半の録画が可能なので充分。
 メディアにはためず、都度PCに移すからね。

HDDを使用する場合は最大2TBまでであり、フォーマット形式はFAT32に限る
 上記同様。

ファイルサイズが4GBを超えると自動分割される
 FAT32の制限ね。
 録画時間でいうと約1時間15分で別ファイルに分割されることになる。
 単一のファイルとしたければ、PCに取り込み後、結合する。

連続録画時間は最長12時間
 SDHCの32GBを使用した場合、約10時間半の録画が可能。
 最長録画時間は12時間なので、その87.5%が32GBのSDHC1枚で済む。

16:9で録画すると上下に黒帯ができる。
 動画の解像度が720x480固定なのが原因(16:9にするには上下に黒帯を付けるしかない)。
 旧ゲーム機の大半が4:3なので問題なし。
 16:9で録画(ト)ったモノはこんなカンジ

録画したファイルは本体のみで再生できるが、これに関しては使用しない(ファイルはPCに取り込んで使用する)ので、評価は避ける。

昨今の解像度の高いゲーム機であれば、GC550などのソレに見合った録画機が必要だが、旧ゲームの出力であるコンポジットやS端子がなく、別途HDMIに変換するコンバーター類が必要。

GV-VCBOXや、液晶のないGV-SDRECは、本来アナログビデオ(ビデオテープ)のデジタル化のために開発されたモノだろうが、私のようにオールドゲーム機の録画モクテキで使っていることもあるとユーコトで...

画質はそれなりだが、オールドゲームの解像度は高くないので、この用途ならマーイーでしょ。

録画されたファイルは、画面比4:3、16:9とも、解像度が720x480のmp4ファイルとなり、フレームレートは約60fps。

ファイルサイズは、1時間12分で約2.68GB(実測値だが、録画内容により異なる)。

本体にボタン電池が内蔵されており、日時設定ができるので、録画ファイルにはその日時が(データとして)記録される。

コレをパソコンに取り込み、動画編集ソフトでカットや文字入れなどを行い、エンコードの上、YouTubeにアップロード。

フルHDのような高解像度ではないのでファイルが軽く、編集も軽く、アップロードも軽い。

I-Oデータさンはこのような(オールドゲーム向けの)ウリ方をしてもイーノダローが、マヌィアック杉手狭いかwwwww

※1:3DOの初代コントローラー(FZ-JP1X)にはヘッドホン端子があるため、標準経路(赤色白色のRCA端子)を押さえられても音がモニターできる。

関連:GV-VCBOX(I-O DATA)と3DO(FZ-10)の接続(S端子,コンポジット)による画質比較 #2 - GV-SDRECも同等

関連:GV-VCBOX(I-O DATA)の接続方法(S端子,コンポジット)による画質比較 - GV-SDRECも同等

関連:GV-VCBOX(I-O DATA)のレビュー - GV-SDRECも画質は同等

関連:GV-VCBOX(アナ録)とGV-SDREC(アナレコ)の違い

関連:GV-VCBOXのファームウェアを確認すること [ファームウェアのアップデートと確認方法]

関連:Lightningケーブル(HanyeTech)の腐食と、USB簡易電圧・電流チェッカー(RT-USBVAC,ルートアール)のレビュー


アナ録 GV-VCBOX/4L(ビデオキャプチャーBOX)
IOデータ機器
売り上げランキング: 3,144


I-O DATA ビデオキャプチャー「アナレコ」 GV-SDREC
アイ・オー・データ (2014-12-30)
売り上げランキング: 2,547




PLANEX HDMI-DVI変換ケーブル 2.0m PL-HDDV02
プラネックス (2007-07-26)
売り上げランキング: 142


hdd@468x15


-ゲーム, コンピュータ
-, , , , ,