データ復旧・修復・復元・診断・消去

消費税増税強硬推進派、2025年までに30%を目指す。投稿記事数は肆阡以上!

hdd@468x15

六甲のおいしい水(ハウス食品)→おいしい水 六甲(アサヒ飲料)の変遷と、その採水地/採取地

2017/08/22


>>高還元のクレジットカード比較 期間限定のキャッシュバックなど!<<

昔、六甲のおいしい水(ハウス食品)というミネラルウォーターがあった。

1983年に登場したソレは、2010年にアサヒ飲料に譲渡され、ハウス食品のシナモノではなくなった。

関連:アサヒ飲料株式会社による、ハウス食品株式会社のミネラルウォーター事業取得に関するお知らせ (2010年4月8日)

その後、2012年に、おいしい水 六甲となり、現在に至る。

[2CS] アサヒ飲料 おいしい水 六甲 (2L×6本)×2箱

関連:『アサヒ おいしい水』ブランド スタート! (2012年4月25日)

つまり、

・1983年-2010年:六甲のおいしい水(ハウス食品)
・2010年-2012年:六甲のおいしい水(アサヒ飲料)
・2012年-現在:おいしい水 六甲(アサヒ飲料)

という流れ。

1983年からの採水場は、灘採水場(六甲採水場とも)であり、神戸市灘区篠原南町6-9-29であった。

「神戸市灘区篠原南町6-1-25」とされている情報もあるが、住所表記が変わったのだろうか、グルメシティ灘店(灘区篠原南町6-1-31)の道路を挟んだ北側の、灘区篠原南町6-9-29である。

関連:六甲のおいしい水のふるさと

隣接する灘区篠原南町6-9-27には「六甲牧場(神戸市灘区篠原南町6-1-25と表記)」という、明治12年創業の乳業メーカー(2004年に倒産・廃業)の跡地である。

Googleマップで見ると分かるが、現在は「ザ・パークハウス六甲篠原」というマンションになっていて、灘採水場は既にない。

マンションの完成時期は、2014年2月である。

水質汚濁防止法 届出事業所一覧(2016年5月)に於いても、灘採水場は「廃止」となっている。

水質汚濁防止法 届出事業所一覧

・事業場番号1283 篠原南町6丁目9番27号 (株)六甲牧場 廃止
・事業場番号1428 篠原南町6丁目9番地29号 アサヒ飲料(株)灘採水場 廃止

関連:水質汚濁防止法 届出事業所一覧(2016年5月)

で、現在の採水場はどこか?

六甲工場(兵庫県神戸市西区井吹台東町7-5-1)である。

ハウス時代の2005年1月以降、500ミリリットル、1.5リットル、2リットルのうち、2リットルについては、この六甲工場に切り替えられている。

灘採水場と六甲工場は約17kmと大きく離れており、六甲工場は六甲山系の麓(フモト)ではない。

灘採水場から六甲工場に変わっているにもかかわらず、表示を変えなかったのだろうか、2008年6月17日に以下の排除命令が出されている。

ハウス食品(大阪府東大阪市)が製造・販売する「六甲のおいしい水」のうち、2リットルボトルの商品に不当な表示があったとして、公正取引委員会は17日、景品表示法違反(優良誤認)で排除命令を出した。
各商品のラベルには「花崗岩(かこうがん)に磨かれたおいしい水」「六甲山系は花崗岩質で、そこに降った雨は(中略)花崗岩内のミネラル分を溶かし込み(中略)良質の水になります」との記載があった。
しかし、2リットルボトルを生産する六甲工場は六甲山系の花崗岩質の地層から約7キロ離れた「大阪層群」と呼ばれる堆積層の上にあり、花崗岩質の地層との間には粘土層や断層があるため、花崗岩のミネラル分を含む水質とは異なるという。
花崗岩に由来する地層がある「六甲採水場」の2商品と比べ、2リットルボトルは花崗岩質に多く含まれるカルシウムが約4分の1(100ミリリットル中0.65ミリグラム)しか含まれていなかった。

スポンサーリンク

関連:「六甲のおいしい水」に不当表示 ハウス食品に排除命令 (朝日)

<排除措置の概要>

ア 前記表示は、一般消費者に対し実際のものよりも著しく優良であると示すものである旨を公示すること。
イ 再発防止策を講じて、これを役員及び従業員に周知徹底すること。
ウ 今後、同様の表示を行わないこと。

関連:ハウス食品株式会社に対する排除命令について 公正取引委員会 (2008年6月17日)

2リットルが切り替わったのは2005年1月以降であるから、そのあたりで味が変わったと感じた人もいるだろう。

関連:2005年、突然に味が変わったのです。

1.5リットルは譲渡後に姿を消し、500ミリリットルは600ミリリットルに置き換わっている。

上述のように、現在は灘採水場も廃止され全て六甲工場に移っているから、味が変わった以後の味である。

アサヒ飲料 おいしい水 六甲 600ml×24本

灘採水場は市街地にあり、戸建てやマンション、商業施設が並ぶエリア、土地もそれほど広くはない。

六甲牧場の工場跡にある井戸を基礎として採水し、トレーラーで奈良工場(大和郡山市)まで運んでボトリング(容器詰)していたようである。

採水地でボトリングを行い、そこから出荷する方が明らかに効率的なので、六甲工場に全てを移し、閉鎖(土地売却→マンション化)したのだろう。

このような流れにより、昔の(オリジナルの)六甲のおいしい水は、消滅してしまったのである...

昔の(オリジナルの)六甲のおいしい水を求めているヒト!

灘区篠原南町のソノのあたりの土地コーテ、井戸掘ッて、(元)六甲のおいしい水!復刻!として売ッたらアカンか~

ソリャ、商標的にもソレ的にも、色々とアカンやろ(笑)

ケンド、自分で勝手に飲む分には...アカンか~

[2CS] アサヒ飲料 おいしい水 六甲 (2L×6本)×2箱
アサヒ飲料 (2012-06-11)
売り上げランキング: 114
アサヒ飲料 おいしい水 六甲 600ml×24本
アサヒ飲料 (2016-04-26)
売り上げランキング: 147
スポンサーリンク

hdd@468x15


kanren

-食品・飲料
-, , , , , , , , ,