データ復旧・修復・復元・診断・消去

パソコンやカメラ、ゲームなど。投稿記事数は3,200以上!

hdd@468x15

CS-01(Plemo) トレッキングポール(登山用ポール)のレビュー

2016/11/19

登山に於いて、トレッキングポール(登山用ポール)があるとないのとでは、体力の消耗具合が全く違う。

山中

ポールの分、荷物が増えて重くはなるが、それを上回るだけのものがある。

上りの時だけ活躍しそうなイメージがあるが、下りにも有効。

特に足場の悪いところでは、ポールが3本目4本目の足となって、下りが困難な箇所でも下りることができることもある。

急な下り

山を苦行の場とするならトレッキングポールなど御法度だが、そうでなければトレッキングポールを持参したい。

体力の消耗具合を抑えることで、より遠くへ進むことが可能になる。

今回入手したトレッキングポール(登山用ポール)は、以下。

PLEMO トレッキングポール 3段伸縮 アンチショック機能付き コンパクト 軽量アルミ製 登山 ハイキング ウオーキング バックパック旅行 雪山 アウトドア 2本セット CS-01

PLEMO トレッキングポール 3段伸縮 アンチショック機能付き コンパクト 軽量アルミ製 登山 ハイキング ウオーキング バックパック旅行 雪山 アウトドア 2本セット CS-01

内容物は、トレッキングポール2本、キャップ2個、バスケット2個、固定用パーツ2個。

トレッキングポール

固定用パーツは2本を束ねるものだ。

固定用パーツ_トレッキングポール

説明書類が2片。

説明書類_トレッキングポール

トレッキングポールは1本だけでも使える(杖がわり)ものだが、2本あると便利であり、本品は2本セットである。

同行者がポールを持っていない場合、自分の片方を貸すのもいいだろう。

先端は金属の突起(メタルチップ)になっている。

金属突起(メタルチップ)_トレッキングポール

地面を捉える必要があるからだ。

だが、場所によっては地面を痛めるとの理由で、ポールが使用が禁止されている箇所がある。

この場合、先端にキャップを付けることで許可される場合もあるが、それでもNGなところもあるので、現地に向かう前に確認しておきたい。

キャップ付き先端_トレッキングポール

なお、キャップを付けた状態で使っていると、知らぬ間にキャップがなくなっていることがある。

地面にキャップが刺さり、持ち上げた時に地面に刺さったままになってしまうためだ。

アマゾンなどで先端のキャップだけが売られているのは、それが理由。

抜けやすさを防ぐために、キャップはハメ込み式ではなく、ネジ込み式がいいが、本品はハメ込み式でありネジ込み式ではない。

脱着はラクだが、簡単に抜けてしまうだろう。

但し、ネジ込み式であってもプラスチックである以上、変形して抜けてしまうので、先端にボロ布などの巻き、テープ等で補強して使っている人も多い。

室内の床に傷が付かないよう、机の脚に靴下を履かせてるようなものか。

また、キャップ内部のメタルチップが当たる部分に、金属板があるものが好ましい。

これがないと、キャップを付けて使った際、メタルチップがキャップを突き破ってしまう。

本品はキャップ内に金属のワッシャーが入っており、これを防いでいる。

金属のワッシャー_トレッキングポール

地面が泥や雪の場合、そのままでは埋もれてしまう。

それを防ぐため、傘のようなバスケットが付いている。

バスケット_トレッキングポール

この大きさは深雪用ではないが、多少の雪なら役立つだろう。

雪のない季節に付けていると抵抗にしかならない(無駄)ので、取り外して使用する。

本品は68㎝-135㎝の間で伸縮可能で、段数は3段。

最長は135㎝であるが、これは身長に合わせよう。

長さの指標が記されているので、左右を同じ長さにしやすい。

長さ指標_トレッキングポール

上りは向かう地面が上にあるので短めに、下りはその逆で長めにする。

その固定方法には、回転でシメめるのと、レバーでシメるのがある。

回転式を持っているが、シメ方にクセがあることと、グローブをしていると滑ってしっかりシメられないことがあるので、本品のレバー式(クイックロック)が楽だろう。

クイックロック_トレッキングポール

レバーを起こすと開放、倒すと固定なので、操作がラク。

回転式だと、長さを変えるのが面倒で、つい不適な長さのままで登山を進めてしまいがちだ。

グリップは握りやすく、カタめのスポンジ素材(二重密度EVA)で、非常に握りやすい。

グリップ_トレッキングポール

また、実際の登山では、グリップを握らず、グリップ上面を掌で抑える形で使うことも多い。

急斜面を下る際に、そのような使用方法になるが、本品はそれにも適応する形状である。

グリップ上面_トレッキングポール

急斜面を上るには、トレッキングポールがないと無理(土であっても滑る)な箇所も多い。

トレッキングポールを短めに調整し、突き刺しながら進む。

この時、トレッキングポールを落としてしまうと回収不能どころか、その後動けなく場合もある。

そのため、手首部分にストラップがあるので、その輪に手を通し、引いてシメよう。

ストラップ_トレッキングポール

そうしておくと、手から離れても、トレッキングポールは残る。

但し、本品のストラップはシメてもスグに緩んでしまうので、安全ピン等で補強する必要がある。

あまり強力にトレッキングポールが手に固着してしまうのはそれはそれで危険なので、程度を考えよう。

なお、トレッキングポールは登山の補助器具であり、その強度は限られている。

本品は航空機グレードのアルミニウム(7075)合金素材(ジュラルミン)で強度はあるが、全体重をかけるものではない。

また、新品で本格的な山に上るのではなく、近くの低山などで何度か使ってからにすべき。

靴と同じように、自分に合っているかの確認や、使用方法の把握という意味がある。

初期不良の懸念もあるので、数回使ってみて、問題なければ本番に登用だ。

無事帰宅したら、先端の泥を落とし、軽く水洗いしてよく乾かすこと。

乾燥を確認したら、キャップをシメて保管、次回の活躍を待とう。

金属が使われているので、湿度の高い場所には保管すべきではない。

登山をしてみたいが、体力的に...という人は、低山でもいいので、トレッキングポールを持って出てみよう。

しばらくをトレッキングポールを使って、その後しばらくをトレッキングポールなしで歩いてみれば、その効果が分かるハズだ。

実測重量_トレッキングポール

実測重量(到着時の2本の全重量):607g

hdd@468x15


-巡検
-, , , ,